1 採用における問題 使用者が労働者を採用する場合、募集、採用の内々定、採用内定、採用後の試用期間を経て、本採用に至るなどといった過程をたどります。そのため、各過程において使用者と労働者の調整が必要となり、多くの問題に直面します。それらの問題についての法律や判例法理を前提にして採用を行うことで、問題の発生を未然に防ぐことができ、さらに、問題が発生してしまった場合にも適切な対応を行うことができます...