弁護士法人大野慶樹法律事務所

パンフレットダウンロード
KEIJU OHNO & PARTNERS LPC

TALK SESSION 座談会

勤務弁護士が語る
大野慶樹法律事務所の魅力とは

大野慶樹法律事務所の勤務弁護士4人が集まって、この事務所を選んだ理由や社内の雰囲気、弁護士としての仕事のやりがいなど、本音をたっぷりと語っていただきました。

MEMBER

幅広い業務内容と
事務所の雰囲気が魅力 SESSION 1

−入社を決めたきっかけはなんですか?

仙場 合同説明会、採用選考活動において大野先生、河野先生、奈倉先生から事務所(当社)について説明を受け、自分を成長させることができると考え、入社させていただく決意をしました。
私は、実務についた後、様々な分野を経験し、その中で突き詰めたい分野を見つけたいと考えて就職活動をしておりました。当社は、交通事故・賠償問題(保険会社側)をはじめとして、労働問題(使用者側)、不動産問題、行政(行政側)、知的財産など実に様々な業務を非常に深く取り扱っています。
当社に入社すれば、弁護士として多様な分野を経験できるのではないかと考えたことに加えて、当社の皆さんの真面目さ、真っすぐさを強く感じたことなど、人柄や雰囲気も入社を決めた大きな理由です。当時修習生であった私の些細な質問に対しても、真摯かつ丁寧にお答えいただいたのが印象に残っています。

馬場 私は、企業で海外渉外案件を扱っていた経験があるため、その経験を活かせるような事務所を探していました。当社の説明会で、海外渉外案件への取り組みを拡大していく方針であることを聞き、また大野先生との面談を通じて、法的サービスを通じて日本社会の発展に寄与していきたいという当社の理念に共感するものがあり、当社を選びました。また、留学制度もあり、専門性を高め、幅広いスキルアップもできそうだと感じたのも一つの理由です。

古賀 事務所訪問等を通じて、大野先生から主な業務の内容や、当社の展望に関する話をお聞きしているうちに、これから大きくなり始める会社だと感じました。私が入社を決めたのは、当社が大きくなっていく過程を見たいと思ったこと、また当社と共に自分も大きく成長していきたいと考えたことが大きな理由です。

河野 採用面接の際に感じた大野先生や当社の雰囲気、空気感です。全くもって感覚的なものですが、当社でなら、自分が成長できそうだと確信が持てました。

新人弁護士にとって
成長できるチャンスは多い SESSION 2

−どのようにして仕事を覚えていきましたか? 弁護士としてのスキルアップを図る制度について教えてください。

河野 新人弁護士に限らないことですが、弁護士が成長するためには、依頼者から求められるもの以上に質の高い仕事を目指して、全力投球する以外に方法はないと思っています。
新人時代は知らない事も多く、大変な時期もあるかと思いますが、言われたことだけをこなすのみでは成長が限定的になると思います。当社では、大野先生や先輩弁護士が、入社時の研修や入社後の起案指導等を行いますが、どれだけ成長できるかは、各個人の仕事への姿勢も大きく影響すると思います。
受験時代や研修時代とは違い、問題解決のために動ける範囲は広大です。私自身、知識、知恵と行動力をフル活用して仕事をすることが楽しく、日々充実していますし、皆さんもそのような姿勢で仕事に取り組むことで自ずと成長できるのではないかと思います。
当社は、事件数が多く、新人弁護士でも多くの事案を担当させてもらえますし、担当弁護士の積極的な意見や姿勢を尊重する環境もあります。したがって、成長したいとさえ思えればチャンスの多い事務所だと思います。

仙場 今まさに覚えている途中です。
実際に仕事をしながら、大野先生や先輩弁護士の仕事の姿を見て覚えています。方針立案とその理由、法廷での立ち振る舞い、自らが作った書面案と提出された書面との違いやその理由等を考えながら取り組むことが重要だと思います。
事案に関わるときは、強い責任感をもって、根拠を持った適切な見通しを立てる、適切な判断を行えるようにすることが必要です。まだまだ分からないことばかりですが、最終的には大野先生が責任を全て取ると仰っているので、伸び伸びやろうと心がけています。日常の業務以外にも、毎週木曜日に弁護士全員で行っている勉強会(テーマは毎回自由)、顧問先との勉強会、大野先生が社外で法律問題をご講演なさった時の資料等、周りを見渡せば学び・成長の機会は至る所にあり、日々の仕事に繋がっていると思います。

古賀 仕事の中で仕事を覚えていっているという感覚です。弁護士としてスキルアップし、仕事の質を高めていく上では、経験が大きなウェイトを占めると考えています。訴訟案件を含む多くの仕事を任せてもらえるので、経験を積み、弁護士としてスキルアップを図ることができるという点でも優れていると思います。

馬場 最初の半年位は、全ての案件について大野先生とともに取り組みます。また当社で継続中の案件の全起案について大野先生のチェックが入ります。色々な指摘を受け、書き直しをしながら仕事を覚えていきます。河野先生が主担当の案件に副担当として関わった際には、自分なりに完成したと思った起案も河野先生から真っ赤に修正が加えられていて、細かい気の配り方や視点の置き方などとても勉強になります。
また、入社前の6月と12月に研修がありました。6月は大野先生から当社の理念や方針、仕事に対する姿勢などをお話いただきました。12月はそれに加えて社会人としてのマナー、具体的な仕事のやり方など教えてもらい、弁護士登録後スムーズに仕事に関わっていくことができました。弁護士は、様々な方々とお仕事をさせていただく以上、あくまでも社会人の一員として当たり前のことができなければいけません。こういったことをきちんと教えてくれる法律事務所は他にはないのではないでしょうか。

社員全員が一つの方向を向いて
協力する事務所 SESSION 3

−社内の雰囲気・特徴について教えてください。

古賀 社内の連携を大事にしている事務所だと思います。仕事の効率や質を高めるためには、弁護士間、事務局間、その相互間での連携も重要になってくると思います。
社員全員が参加する社内イベント(事務所旅行等)も行われており、社員全体としてコミュニケーションは円滑です。社内で「言うべきことは言える関係」は構築できているのではないかなと思います。また、弁護士、事務局の全員がワンフロアーで仕事をしているので、仕事でわからないことがあればすぐに先輩弁護士に質問することができますし、質問しやすい雰囲気作りもなされていると思います。

仙場 社員全員、当社を成長させたい、良い仕事場にしたいということを強く考えているのではないかと思います。
事件の主担当弁護士が1人でも、1人だけで仕事を全部行うことはありません。大野先生、依頼者と何度も議論をしながら方針を打ち合わせ、事務員さんと協力することで初めて、質の高い仕事が可能になります。理想の事件処理になった場合にも、他の社員の協力があったからだと思って全員仕事をしています。社員が互いに協力・感謝しあいながら日々業務に取り組んでいます。その根底には、やはり人に対するマナーや礼儀を大切にしている当社の企業風土があるのではないかと思います
日常の業務で質問しあうことはもちろんですが、社員全員で集まって話をする機会、懇親の場も定期的にあり、気兼ねなく誰とでも協力し合える関係にあると思います。
2019年はラグビーワールドカップがありますので、社内イベントとして、社員全員で試合観戦に行くことを現在検討しています。

馬場 仙場先生の言われたとおり、当社では、挨拶と掃除など基本的なことを大事にしています。雰囲気としては、大野先生や他の弁護士、事務員さんと壁を隔てず同じ空間で仕事をしているため、よくコミュニケーションが取れていると思います。大野先生は各自の意見を尊重してくれるので、忌憚なく意見を言える環境にあると思います。

河野 社員全員が気持ちよく仕事をするため、あるいは、企業体として一つの方向を向いて進んで行くためのルールや規律(例えば、朝のそうじや業務フロー、退社前の片づけ等)は、他の法律事務所よりも明確かもしれません。
当社においては、業務フローを検討する委員会やイベントを企画する委員会、宴会を企画する委員会などがあり、弁護士と事務局が共同して、会社をより良くするためのアイディアを出し合っています。弁護士と事務局で役割の違いはありますが、会社を成長させるために、皆が一つの方向を向いて、協力しています。そのような意味でも、他者の仕事やアイディアを尊重できる方に入社いただきたいと思っています。
このような会社の環境づくりも含め、大野先生は、社員のことや会社のことを日々一番考えているという印象です。

子どものいる女性弁護士でも
働きやすい環境 SESSION 4

−休日や終業後はどのように過ごしていますか?

馬場 私は2児の母でもあるため、終業後には保育園のお迎えや夕食づくり、宿題のチェックなどバタバタしています。休日も主に子どもたちを遊ぶことが多いですが、お酒を飲みながらちょっと凝った料理を作ったり、スパに行ったりしてリフレッシュしています。
お迎えの時間があるため、早めに仕事を切り上げないといけないのですが、早朝の時間を利用したり、昼間の業務の中身を充実させたりすることで両立させています。大野先生には各自の環境や状況を理解していただいているので、子どものいる女性弁護士でも働きやすい環境にあると思います。奈倉先生は現在育休中で、産休・育休制度も活用されていますし、奈倉先生が復帰されたら子育ての話もしたいです。当社には現在5人の事務員さんがいますが、皆さん職歴も長く働きやすいのだと思います。

仙場 自宅でゆっくり過ごすか、近場に外出しています。コーヒーやお酒が好きなので、家の近くにあるカフェや居酒屋を探しに出歩くことが多いです。福岡ソフトバンクホークスが好きなので自宅やヤフオク!ドームで観戦することも多いです。
休日の半分は今話した通りゆっくり過ごし、もう半分は自宅やカフェで勉強しています(若手弁護士向けの書籍や、日本弁護士連合会のe-ラーニング等)。

河野 社会人サッカーチームに所属しておりますので、毎週日曜日はサッカーをしています。サッカー自体が好きというのもありますし、所属しているチームには幅広い年代の選手がいますので、人との関わり合いも楽しいです。本気で体を動かすと、仕事にもさらに身が入ります。
また、土曜日には英文雑誌の読書会に参加しています。将来的には英語を使う仕事も担いたいと考えています。

古賀 カフェの雰囲気が好きなので、近所のカフェに行くことが多いです。
カフェで行われるイベント(カフェ会、読書会等)に参加することもあります。様々な人と出会い、コミュニケーションを取りながら、1人1人の人との関わりを大事にできる人間、人にいい影響を与えられるような人間になりたいと思っています。

弁護士を目指している方へ

−どういう点にやりがいを感じますか? 弁護士になる人に向けて一言お願いします。

仙場 依頼者の一助となるには、日々のリサーチと根気が必要
依頼者の方は大変な悩みや不安を抱えて来社されます。法的問題に限らず、人は悩みを抱えるとそれが気になってしまい、他のうまくいっていることにも影響が出てしまうこともあります。ご依頼を受け、依頼者の方の悩みや不安に区切りをつけること、依頼者の方の一助になれることにやりがいを感じます。法的問題の内容も紛争の程度も多種多様であり、依頼者の意向に沿った事件終了を迎えるには、日々のリサーチ、根気が大切であり、時には困難な局面を迎えることもあります。しかし、それらを社員全員で協力して乗り越えたとき、弁護士としてお役に立てたという思いになります。
馬場 弁護士としての未来の自分を考えながら取り組む
まだ1年目ですが、いろいろな案件を主体的に担当させていただき、お客様から感謝されたときにはやはりやりがいを感じます。他にも、大野先生は私たちによく期待をしていると仰ってくださり、期待に応えようと1件1件真摯に取り組んでいるときにもやりがいがあります。まだまだ勉強すべきことも多いですが、常に向上心をもって力をつけていきたいと思います。これから弁護士になられる方も、弁護士としての未来の自分を考えながら、地道にかつ積極的に取り組まれるとよいのではないでしょうか。
古賀 弁護士としての能力を高めるのは日々の経験
弁護士の仕事のやりがいは、それぞれが1件1件の仕事に主体的に関わることができる点にあると思います。ただし、仕事に主体的に関わるということは、それだけ1件1件の仕事に対する責任も伴いますので、弁護士にはプロとしての専門性、仕事を処理する能力が不可欠だと考えています。
先ほども言いましたが、弁護士としての能力を高めるのは経験だと思いますので、これから弁護士になられる方も多くの経験を積んで、弁護士としての能力を高め、自信を持って一人前の弁護士と名乗れるようになって欲しいと思います。私も一人前の弁護士になれるよう、日々経験を重ねていきたいと思います。
河野 能力や仕事への姿勢次第で、仕事のフィールドは無限に広がる
弁護士の問題解決へ向けた仕事は、一定の枠に囚われない、極めて創造的な仕事だと思います。また、個々の弁護士の能力や仕事への姿勢次第で、仕事のフィールドも無限に広がると考えています。
そのような創造的かつダイナミックな環境に身を置き、本気で仕事ができる(自分のことで頑張るのは恥ずかしいけれど、依頼者のことであれば正々堂々頑張れる)ことこそ、弁護士の魅力であり、やりがいだと思います。

ENTRY

TOP

Blog ALL ABOUT RUGBY